ロシア漁業情報

2020/8/10
ロシア漁業ニュースヘッドライン 2020/08 NEW

2020年08月10日

ユーザー各位

拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、ロシアでは、2020年7月1日、領土割譲禁止の条項を盛り込んだ憲法改正の是非を問う全国投票が実施され、8割近くの賛成を得て同4日にこれが発効しました。これを受けロシア副首相兼極東連邦管区大統領全権代表トルトネフは、漁業分野を含め、クリール諸島発展のための新たな投資計画を用意するよう関係省庁部局に対して指示しました。クリール諸島への投資については減税措置が検討されており、主に、エネルギー・インフラ、観光、そして水産加工・増養殖漁業のプロジェクトの発展が想定されています。トルトネフは、クリール諸島はロシア東部の前哨基地であり、経済を発展させ、新たな雇用を創出し、そこで働き、住みたいと思う地域にすべく、最大限のことをしなければならないと語ったとのことです。
 いよいよ新たなフェーズに移行した感のある同地域の漁業分野に関する情報を今月のTopNewsとしてご報告申し上げます。
 なお、スケトウダラを年間30万トン以上生産するロシア漁業最大手“Русская рыбопромышленная компания”(ルスカヤ・ルイボァプロムシェレンナヤ・カンパニヤ「ロシア漁業会社」)の系列企業”Русский краб”(ルスキー・クラブ「ロシアのカニ」)が、正規漁業者で構成されるロシア極東カニ漁業者協会(会長ドウプリャコフ)の会員となりました。同協会は、極東海域におけるIUU漁業防止のため、北海道機船漁業協同組合連合会とも協力覚書を交わしているところです。これらカニ業界に関する動向もあわせてお知らせ申し上げます。

敬具

                                 (国際漁業対策事業部;原口聖二)


TopNews トルトネフ 漁業分野 クリール諸島発展のための新たな投資計画用意を指示
・“ロシア漁業会社”系列会社 極東カニ漁業者協会会員へ(ロシア漁業政策および漁業協定関連等外7件)
・ロシア深海カニ漁獲割当オークション 更にスタートプライス引き下げ(カニ漁獲割当配分問題関連外1件)
・投資クオータ 新造漁船54隻 陸上加工場25建設(投資クオータ関連外2件)
・日本海ロシア海域スケトウダラTAC期中見直し(スケトウダラ・マダラ・ニシン操業関連外8件)
・”またがり資源”東サハリン海域ズワイガニ(オピリオ)期中見直し(ロシア漁業者底魚等操業関連外6件)
・北海道隣接サハリン カラフトマス南西漁業区の衝撃的不漁(太平洋サケマス操業関連外19件)
・極東科学操業評議会 イワシ・サバ漁業の拡大成功が報告される(イワシ・サバ操業関連外4件)
・サ州国境警備局 タタール海峡でカニ違法漁獲ロシア漁船拘束(ロシアFOC/IUU取締情報関連外1件)
・ロシア代表団は青島国際水産見本市への参加を断念する(その他ロシア漁業関連情報等外7件)
・ロシア漁業庁サハリン・クリール地域管理局 取締報告(5件)
・韓国 2020年漁期(同年7月-2021年6月)TAC設定(韓国漁業関連外1件)
・韓国市場 スケトウダラ卸売価格(韓国スケトウダラ市場価格モニター4件)
・英国EU離脱 英国 40年ぶりに漁業法改正へ(英国EU離脱Brexit関連外2件)

計79オリジナル報告
http://kisenren.com