ロシア漁業情報

2021/4/10
ロシア漁業ニュースヘッドライン 2021/04 NEW

2021年04月10日

ユーザー  各位




拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、2021年2月4日、ロシア副首相アブラムチェンコが委員長を務める漁業分野発展のための政府委員会が開催され、その結果等に基づき、ロシア漁業庁外、関係省庁、部局に対し、多くの指示、命令が発せられました。この指令は、ロシア漁業にとって最大の漁獲物製品供給先の中国が、新型コロナウイルス拡散防止対策により輸入規制をしている問題を考慮し、当該仕向け先の転換案等を提出すること、極東地方と北部地方での水産加工施設、冷蔵、港湾インフラの発展のため、2022年からの投資クオータの配分の拡大を規定した関連法改正案を提出すること、科学研究分野の資金不足解消を目的に、研究機関からの科学的支援を水棲生物資源の利用者である漁業会社の支払コストと位置づけ、それを利用料として適用することで、政府の支援基金から支払いが行われる枠組みを政府案として形付け提出すること、そして、投資クオータの拡大にあたり、既存の進行中プロジェクトの利益に配慮し、漁船建造プロジェクトでは、開始されている案件も含め、竣工期限を守る対策を講じるための要件と、投資クオータのメカニズムを利用して建設される水産加工場の能力に関する問題を報告すること等、極めて重要な政策事項となっています。

 今月号においては、これら漁業政策の関連情報を集約し、TopNews としてご報告申し上げます。

 なお、ロシア漁業庁は、2021年3月18日、同庁長官シェスタコフが議長となり、傘下科学研究機関代表者会合を開催、来年2022年のロシア排他的経済水域における水棲生物資源のTAC案勧告を承認しました。これらの更新された資源評価に関する情報もあわせてお知らせ申し上げます。

                                                       敬具

   (国際漁業対策事業部;原口聖二)




TopNews ロシア漁業発展を目的とした関係省庁への指令リスト

・外国人資本参加規制強化 下院第1読会を通過(ロシア漁業政策および漁業協定関連等外45件)

・2022年TAC案勧告を承認(2022年水棲生物資源評価科学勧告関連外10件)

・CV19対策定例会議 ワクチン接種対策を確認(CV19拡散防止対策関連外3件)

・カニ王アレッグ・カンの盟友パショフ 勾留期間2ケ月(カニ漁獲割当配分問題関連外2件)

・“投資クオータ”審査委員会のメンバーから農業省が外れる(投資クオータ関連)

・オ海抱卵スケトウダラ操業 科学OBリポート(春季オホーツク海スケトウダラ操業“Aシーズン”関連外3件)

・スケトウダラ漁業者協会 MSC認証海域拡大(ロシア漁業者スケトウダラ・マダラ・ニシン操業関連外16件)

・ロシア漁業者による今漁期漁獲量が112万2,610トンとなる(ロシア漁業者底魚等操業関連外3件)

・コマイ操業 西サハリン沿岸沖合 再び漁業停止を指導(北海道隣接サハリン州コマイ操業関連)

・定置網等漁場のオークション 下院第2読会を通過(太平洋サケマス操業関連外3件)

・カムチャツカ国境警備局にトロール漁船が摘発される(ロシアFOC/IUU取締情報関連外1件)

・ロシアのフィッシュミールの生産と価格の推移 2020年結果(その他ロシア漁業関連情報等外17件)

・済州タチウオ漁船日本EEZ違法操業(韓国漁業関連外2件)

・韓国冷凍スケトウダラ市場動向 2021年3月(韓国スケトウダラ市場価格モニター)

・英国 ノルウェー・EUと北海の漁獲割当に合意(英国EU離脱Brexit関連)

計131オリジナル報告

http://kisenren.com