ロシア漁業情報

2021/11/1
ロシア漁業ニュースヘッドライン 2021/11 NEW

2021年11月10日

ユーザー  各位




拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、ロシア漁業庁は、ロシア極東排他的経済水域(EEZ)における太平洋サケマス沖獲り向け漁獲割当オークションを、今年11月と12月、2クールに分けて開催すると発表しました。上場については、6海域5魚種、計103ロットで、全体のTAC設定の約5割、落札による漁獲割当配分の権利が2033年(2022年から12年間)までとされています。ロシアでは、2016年以降、太平洋サケマスの漁獲を目的とするEEZ、領海、内水面での流し網の使用は禁止されており、この効率的代替漁具・漁法問題は未解決で、過去から関連する日本業界にとっても今後の動向が注目されるところです。

 今月号においては、この太平洋サケマス沖獲りに関する情報を集約しTopNewsとしてご報告申し上げます。

 なお、12月上旬、日ロ漁業委員会第38回会議の開催が見込まれていて、報告担当者も当該漁業委員会に交渉団随行員として参加の可能性があり、例年どおり、12月号は新年1月号との合併号とさせていただきます。今年も変わらぬご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

                                                    敬具

  (国際漁業対策事業部;原口聖二)




TopNews ロシアEEZ沖獲り太平洋サケマス漁獲割当オークションの開催が発表される

・カムチャツカ地方は太平洋サケマス流し網(沖獲り)の復活を危惧(ロシア太平洋サケマス沖獲り関連外1件)

・ロシア業界団体 ロシア漁業の財務状況悪化を発表(ロシア漁業政策および漁業協定関連等外35件)

・ロシア上院“投資クオータ”第2弾の設定のための円卓会議概要報告(投資クオータ関連外7件)

・ロシア極東海域 新造警備艇2隻 沿海地方とサハリンに1隻ずつ配属(ロシアFOC/IUU取締関連外1件)

・ロシア農業省 来年2022年自国海域TACを承認(ロシアEEZ2022年TAC設定関連5件)

・道東・道南太平洋接続海域スケトウダラ操業概況(ロシア漁業者スケトウダラ・マダラ・ニシン操業関連外8件)

・2021年漁期 ロシア極東・北海道沿岸シロザケ操業概況(太平洋サケマス操業関連外8件)

・またがり資源スルメイカ 北海道接続南クリール海域操業概況(南クリール海域スルメイカ操業関連4件)

・ロシア漁業者イワシ・サバ サンマ操業概況(ロシア イワシ・サバ サンマ漁業関連14件)

・極東のカニ王創業漁業会社への債権者破産申し立て(アレッグ・カン 債権者破産申し立て関連3件)

・“チェルシーFC”オーナ アブラモヴィッチは漁獲割当を維持する(その他ロシア漁業関連情報等外10件)

・日本EEZ“またがり資源”韓国近海スルメイカ操業概況(韓国漁業関連3件)

・韓国冷凍スケトウダラ市場動向 2021年10月(韓国スケトウダラ市場価格モニター)

・洋上風力発電